ネットショップで抱える問題に「閲覧数や訪問者を増やしたい」「閲覧数は増えたのに売上につながらない」「広告を打ちたいけど予算が足りない」などの悩みを多く聞きます。
こんな悩みの背景には「本来の見込顧客を取り込めていない」「初期顧客をリピート顧客に育てられていない」「広告効果が競合多数で薄れてきている」ということが根底にあったりしています。

近年これらの悩みを解決するために必要なものが「オウンドメディア」と提唱されてきています。

オウンドメディアとはショップやブランドが自ら「所有する」メディアのことをいいます。

オウンドメディアは唯一の「オリジナルな情報」の発信源の位置づけで、多様化するネットショップマーケティングにおいて求められるのは「顧客との最適なコミュニケーション」を通じて関係構築をすることだということは昔からいわれていましたが、ここにきて、その重要さが浮彫りになってきて見逃せないようになりました。

オウンドメディアは顧客に有益な情報を継続的に発信することで広告のみに依存しない持続的な戦略を立てることが可能になりました。

今回はそのオウンドメディアについてお話しさせていただこうと思います。

顧客との関係を構築する知っておくべきオウンドメディアとは?

今やどんな商品やサービスもネット上で簡単に比較検討することができます。

そんな時代において「ストーリー」なき商品やサービスがたどり着くのは過酷な価格競争と過剰な宣伝合戦になりますが、何度も訪問して購入してくれる固定顧客を育むためには継続的に訪問したくなるストーリー戦略がもっとも重要となります。

オウンドメディアはユーザーを惹きつける長期的なストーリー戦略が描きやすく、継続的に高い付加価値を生み出すコンテンツを提供するのに最適な発信拠点になります。

顧客と体験価値(理解・共感・安心・期待)を共有し、信頼関係を深めることで顧客をファン化させるのに最適なメディアがオウンドメディアなのです。

ショップ目線で自社の商品やサービスのスペックだけを訴求しても顧客にその魅力はなかなか伝わりません。

オウンドメディアは顧客の利益を最優先したコンテンツで、顧客視点のコンテンツを継続的に提供することでユーザーとの信頼関係を築き、ユーザーの期待を膨らませることができます。
さらにはショップの特性やオリジナリティを活用して特定のターゲットに絞り込んだコンテンツを発信していくことで、競合との価格競争に巻き込まれないブルーオーシャン市場を創出することもできます。

時間をかけて蓄積したコンテンツこそがユーザーとのコミュニケーションを図る最強のショップ資産となるわけです。

メディアは、「認知、集客」をするペイドメディア、「拡散」をするアーンドメディア、「顧客との関係構築」をするオウンドメディアに分類されそれぞれの役割を担います。

ぜひ、自社で取り組めるオウンドメディアを考えてみてください。

カテゴリ: 集客方法

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。