Google Search Console(旧:Googleウェブマスターツール)の中の「その他のリソース」タブの中にGoogle Merchant Centerというリソースがあります。

このGoogle Merchant CenterからGoogleに商品データをアップロードするとGoogleショッピングやGoogleのその他のサービスでこのデータを利用できるようになります。

そもそもGoogleショッピングは、Google Merchant Centerに登録して初めて利用できるサービスです。当初は無償で表示されるサービスでしたが、その後有料の広告サービスとなり無償で表示することはなくなっています。

上述その他のサービスの中には当然、Google検索があります。
Googleで「ナイキバスケットシューズ」などと検索をすると、商品の写真入りの広告が出てきたりします。

これは「商品リスト広告(PLA)」と呼ばれるものです。

商品リスト広告(PLA)は商品の「画像」「名称」「価格」「会社名」などの情報をGoogleの検索結果に表示することができる広告フォーマットで、検索している商品の情報を画像や価格情報も伝えられることができます。
そのため、通常のテキスト広告と比較して情報量が多く、結果としてクリック率やコンバージョン率が上がるとされています。

実はこの登録操作、Google Merchant CenterとGoogleアドワーズの双方の操作知識が必要なため、現在ライバルが比較的少ない状態にあり、商品によってまったく画像が掲載されない場合が多かったりします。

「商品リスト広告(PLA)」はAdwordsの広告オプションの一つですが格段の待遇があります。

その待遇は、テキスト広告を出してもなおかつGoogleショッピングで商品を掲載できるので、「2枠」獲得できる可能性が高く、表示位置にも格段の待遇があってテキスト広告の直下でGoogleオーガニック検索の1位のポジションやテキスト広告の3~5位のポジションに優先して表示されています。

周りが全てテキストなので商品画像が非常に目立ち、スマートフォンでも常に上位のポジションに表示されます。

チャレンジされてみてはいかがでしょう?

カテゴリ: 集客方法

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。