オウンドメディアは「顧客に認知をしてもらい、商品を好きになってもらい、購買につなげる」という意味では広告と同じですが、広告は顧客との「偶然の出逢い」を期待する一方通行の手法に対してオウンドメディアは顧客との「必然の出逢い」を演出する手法です。

広告は多くの顧客にとって生活の中に突然飛び込んでくる想定外のメッセージで、不特定多数のターゲットの中から企業の商品やサービスに興味をもった人に出逢う機会を狙います。

しかし、「偶然の出逢い」で集客された顧客は一過性であり、移り気です。

一方、オウンドメディアは顧客が求めるコンテンツを用意することで「必然の出逢い」を演出し、集まったユーザーを顧客化していくことを目的としコンテンツを蓄積することで、自然検索で流入してくる顧客を増やし滞留させる拠点として機能します。

そこで今取り組むべきオウンドメディア戦略と6つのメリットをまとめてみました。

  • 1.

    顧客目線のコンテンツを提供し続けることで本当に欲しい情報を求める人だけに効率よく訪問してもらい見込み顧客や顧客の購入意欲を喚起することができます。

  • 2.

    本当に役に立つ質の高いコンテンツに共感してくれた顧客に対しSNSで拡散されやすい。

  • 3.

    検索キーワードを分析することでさらに人気コンテンツを増産できる。

  • 4.

    コンテンツの蓄積で広告に依存しない体質がつくれる。

  • 5.

    ユーザーを惹きつける長期的なストーリー戦略が描ける。

  • 6.

    特定のターゲットに絞り込んだコンテンツを発信していくことで競合との価格競争に巻き込まれないブルーオーシャンを創出可能。

このように、オウンドメディアには多くのメリットがあります。
ぜひ一度、オウンドメディアを活用してみてください。

カテゴリ: 集客方法

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。