今回は「アクセスを増やしたい」というご質問と「コンバージョンを増やしたい」というご質問両方にお応えするお話をさせていただこうと思います。

まず、アクセスを増やしたければ高品質なコンテンツを制作することです。
コンテンツは王様であって、すべてのWEBサイトは高品質なコンテンツを持つことによりアクセスが増えていくということは間違いのないことです。
その品質が、わざわざ検索をして訪問してくれた顧客にとって望むことだからです。

Googleハミングバードとは?

わざわざ検索をして訪問してくれた顧客に応えるべく、現在のGoogleハミングバードといわれるアルゴリズムの根幹は検索キーワードそのものに反応するのではなく、検索キーワードの裏に隠れた検索意図に応えるコンテンツを提供しています。

例えば「トイレが壊れた」と検索した場合、以前のGoogleは助詞を除く全ての言葉が含まれているページを検索結果に返していましたが、現在のGoogleはそれらの文字列を含んでいないけれども検索意図に合致した適合性の高い検索結果を返しています。

事実、「トイレが壊れた」という検索結果の第1位表示のページ内には「トイレが壊れた」というキーワードは一切含まれていませんが、「トイレが壊れた」ことに対して検索したユーザーがその回答を得られるであろう企業のアフターサポートであるトイレのトラブル解決ページを返しています。

高品質コンテンツを制作する5つのポイント

顧客に響く、ひいてはGoogleハミングバードに対応する高品質コンテンツを制作する5つのポイントを挙げておきます。

ポイント1正しい日本語で記述する
無理にキーワードを何度も詰め込んだりせず、会話のように自然に読めることがコンテンツの条件です。
商品取扱いのエキスパートとしてユーザーに子供でもわかるような言葉で理解できるようなコンテンツを作成してください。
ポイント2URLの設定
Googleは現在動的URLについてもなんなく対応をしていますが、人間の目視という観点からは導かれるページの内容が顧客に伝わるようなURLを設定するべきで判読不可能なURLにしないこと。
ポイント3適度なページネーション
Googleは1ページあたりの文字量について規定はしていないものの顧客に読みよくさせるために適度にページを分散させることも検討材料です。
ポイント4正確な文法
直帰や不要顧客を回避するための正確なタイトルタグならびにディスクリプションならびにHタグの運用をすべきです。
ポイント5レスポンシブ対応
モバイルユーザーはデスクトップユーザーを上回ってきます。
モバイルユーザーの囲い込みは必須で、必ずモバイル対応する必要があります。

集客するコンテンツ制作のヒントとして、Yahoo!知恵袋のような顧客から生まれる疑問をヒントにコンテンツを積み上げていくことも一助になるかと思います。
Yahoo!知恵袋で自社の商品ジャンルを検索してみて、どのような疑問を持たれているのかの確認してみてください。

カテゴリ: 集客方法

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。