かねてよりコンテンツSEOという言葉が業界に浸透しつつありますが、ともすればコンテンツを自社商品の売り込みと勘違いされがちなので、今回は成功するコンテンツSEOの定義をご紹介します。

まず第一にコンテンツSEOの成功のカギは自社の商品を売ろうとしないこと

集客の段階では売ることを考えずに、ある一定のキーワードで検索してきたユーザーを満足させるコンテンツを作ることにあります。
コンテンツの背景に「売り売り感」があることにより当該コンテンツの信ぴょう性をユーザーは疑いはじめ、かつ、コンテンツに対しての警戒感が強まります。

コンテンツで重要なのは「自分ごと感」です。

そのコンテンツをユーザーが自分ごととして感じられることができるかどうかが重要なこと。
そこには、検索結果に対して検索エンジンが返してくるページタイトルやディスクリプションが大切です。

例えば、大きな検索クエリで「妊活」というキーワードを押さえたとしても、いかにそれが自分のための「妊活」コンテンツであるかの訴求をしなければなりません。

30代前半オフィスワークで忙しいワーキングウーマンのための妊活。
というセカンドキーワードがディスクリプションに配置されることでクリックが発生します。
これは「妊活ワーキングウーマン」という検索クエリに対するコンテンツをつくることにより、あまりにも自分に関係ある自分ごとコンテンツなのでシェアせずにはいられなくなります。

「ビックキーワード」と「セカンドキーワード」を意識したコンテンツを専門家の立場から仕上げることにより、説得力のあるコンテンツに仕上がり、アクセスが増えていくということになります。

カテゴリ: 集客方法

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。