少し前に日本マイクロソフト社は年末商戦に向けた販売促進を目的とする「かぞくがいちばん。」というキャンペーンを行っていました。
マイクロソフト製品を活用し家族で過ごす時間の楽しみ方を紹介するキャンペーンで、世界35カ国で展開しているグローバルキャンペーンの一環でした。

そのプロモーションのひとつのテレビCMで子供が自分の両親に対しパワーポイントを使って、「ウチに犬が必要な10の理由」のプレゼンをしていたCMを憶えておられますでしょうか?
子供はパワーポイントを駆使して「ウチに犬が必要な10の理由」として

「犬は家族を守ってくれます」
「ボクに責任感が芽生えます」
「散歩をすることにより健康にもいいです」

などなどの持論を展開していきます。

このCMの続編があったとすれば、おそらく次の続編は「ウチにこの犬が必要な10の理由」という展開で、小学生がペットショップで見て気に入ったワンちゃんを両親に買ってもらうためのプレゼンとなることと思います。
つまり、この小学生は、「犬」が必要ということから「あの店のあの犬」が必要という展開になります。

みなさんのショップの商材で「当店の○○でなければならない10の理由」という説明ができますでしょうか?
このショップのこの商品でならない絶対事項がなければ消費者は他店に流れてしまいます。
簡単に自社商品の購買意欲を高める方法の一つとして、付帯サービスも含め「当店の○○でなければならない10の理由」を作ってみてください。

また、それを商品ページに掲載してみてください。
これがまさしく小学生が親にプレゼンしたと同様に、店主が顧客にプレゼンをするということなのです。

カテゴリ: 売上アップ

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。