Google社は以前よりスマートフォンデバイスに対する転送が上手くいってないサイトのランクダウンを適用すると発表していました。

そこでスマートフォン向けに最適化されたWEBサイトにGoogle社が明言しているよく見られるミスとその回避方法の一部について紹介します。

動画を再生できない
スマートフォンで再生できない動画をよく見かけます。
これは、再生に必要なソフトウェアや機能がスマートフォンでサポートされていないかライセンスの制約によるものです。
スマートフォンに対応したサイトには、HTML5標準タグを使用して動画を挿入することをおすすめします。
すべての端末でサポートされているとは限らない形式(Flashなど)は使用しないことをおすすめします。
間違ったリダイレクト
パソコン向けページに対応したページがスマートフォン向けサイトに存在するのにも関わらず、パソコン向けサイトのサーバーがすべてのスマートフォンユーザーをスマートフォン向けサイトのトップページにリダイレクトするように設定されている例があります。
パソコン向けページに対応したスマートフォン向けページへリダイレクトすることをおすすめします。
不適切な相互リンク
スマートフォン向けのページからパソコン向けのページにリンクを設定したり、逆にパソコン向けページからスマートフォン向けページにリンクを設定したりすることはよくあります。
この場合にありがちなのは不適切なページにリンクを設定してしまうミスです。
例えば、スマートフォン向けのページからパソコン向けサイトのトップページにリンクを設定するようなケースです。
リンクをする場合は必ず対応するページに正しくリンクを設定することをおすすめします。

カテゴリ: サイト改善

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。