スマートフォンからのトラフィックが増加している中、「モバイルユーザーはモバイル対応しているサイトには再訪問率が高い」という調査結果がでています。
そのため、最適な検索結果を提供するためにモバイルユーザビリティが重要になってきています。
つまり、モバイルユーザーが検索結果から誘導されるコンテンツについて使い勝手を良くする必要があります。
使い勝手を良くするために、モバイルやスマートフォンでの表示を最適化することをモバイルフレンドリーといいます。

モバイルフレンドリーのポイント

モバイルフレンドリーのポイントをいくつかご紹介します。

  • 端末の画面サイズに合わせて表示
  • ユーザーが水平方向にスクロールしたり、画面をピンチ(拡大縮小)したりしなくてもページ全体を表示できるビューポート内フローのコンテンツ
  • 小さな画面でも読みやすい拡大縮小が可能なフォント
  • ボタンなどの要素同士が十分離れていてタップしやすい
  • モバイル対応技術を駆使した視覚デザインとモーション

「モバイルフレンドリーテスト」「PageSpeed Insights」「モバイルユーザビリティ」などで、現在のサイトをチェックし、エラーを修正することで検索のパフォーマンスと関連性を向上させることができます。
そしてGoogleシステムによる次回の定期的なサイトクロール時に修正が反映されます。

カテゴリ: サイト改善

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。