2014年Googleは、HTTPSを検索順位を決めるアルゴリズムとして利用することを宣言しました。
HTTPSのページはHTTPのページよりも評価が上がり検索順位を上げる要素として考慮するということでした。
ただし現状ではその影響は軽微であると判断されています。
それはGoogleが宣言しているように長い期間をかけて強化していくというところにあるようです。
この宣言を受けてからFirefoxブラウザの開発元「Mozilla」はHTTPSで通信していないサイトのサポートを段階的に終了することを発表しています。
つまり、いつの日かFirefoxでの閲覧はHTTPSではないページではできなくなるのかもしれません。

HTTPからHTTPSへの変更は慎重に

TwitterやFacebookをはじめ 大手サイトは軒並みHTTPS化しています。

HTTPからHTTPSに変えるという作業は難しい作業で、場合によっては反対に検索順位が下がることもあり得えます
また、気づかなかった問題も出てくる可能性もあり慎重に行わなければならない事項です。

しかし、インターネット世界は確実にHTTPSへ向かっているので、ネットショップのHTTPS化も今後は計画に入れておくべきかと感じています。

ゼウスでは、WEBサイトの信頼性・安全性の向上にのためにSSLサーバー証明書※の導入をおすすめしています。
国内外での圧倒的なシェア&支持率をもつシマンテックグループのSSLサーバ証明書クーポンを期間限定で大幅割引でご提供します。

  • SSLサーバ証明書とは、「暗号化通信」「WEBサイト運営者の実在性」を第三者組織が証明することで付与される電子証明書です。

カテゴリ: サイト改善

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。