WEBサイト運営を安全にするセキュリティサービス(法人向け)

サイトのセキュリティ対策、何をしたら良いかお悩みですか?

昨今、新聞やテレビなどでセキュリティ問題(事故)を目にする機会が増えてきましたが、
“自社WEBサイトのセキュリティ対策を行いたいが、何が必要でどうすれば良いのかがわからない”
そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

株式会社ブロードバンドセキュリティ(※)では、お客様の悩み解決に繋がるセキュリティサービスをご提案させていただきます。
いつでも安心・安全なサイト環境作りで、お客様のサイト運営をバックアップいたします。

  • 株式会社ブロードバンドセキュリティはSBI AXES株式会社の持分法適用関連会社です。

企業サイトにおけるセキュリティ侵害状況

総務省実施の調査によると、過去1年間の情報通信ネットワークの利用の際に発生したセキュリティ侵害をみると、「何らかの被害を受けた」企業が38.0%という結果でした。3分1以上の企業が、セキュリティ侵害に遭っており、強固なセキュリティ対策は企業にとって必須となっています。

過去1年間のネットワーク利用の際に発生したセキュリティ侵害の詳細 ウィルスを発見または感染 48.1% ウィルスを発見したが感染しなかった 24.1% スパムメール 3.0% 不正アクセス 1.8% DoS攻撃※ 1.3% WEB改ざん 0.9% 故意・過失による情報漏えい 0.5% その他 0.5% 総務省:平成25年通信利用動向調査の結果
  • DoS攻撃:サービス妨害攻撃またはサービス不能攻撃などと呼ばれる、インターネット経由での不正アクセスの1つ。
    大量のデータや不正パケットを送りつけるなどの不正な攻撃のことを言います。

何が必要でどうすれば良いのかがわからない。
そんな企業様には株式会社ブロードバンドセキュリティの
セキュリティサービスがおすすめです!

ブロードバンドセキュリティが提供するセキュリティサービス

情報漏えいやWEB改ざんを未然に防ぎたい。

無料トライアルあり

  • 脆弱性診断サービス
  • リアルタイムWEBサイトコンテンツ改ざん検知サービス

WEBサイトや企業ネットワークの脆弱性を外部から動的に調査・診断するサービスです。
早期の脆弱性発見と、WEBサイトの改ざんの探知は、情報漏えいやWEB改ざんを未然に防ぎ、お客様の安心に繋がります。

未知のマルウェアから機密情報を守りたい。

  • モダンマルウェア検知サービス

マルウェア(※)が企業システムへ進入することをブロックします。
また、侵入したマルウェアを出口で検査して攻撃を防御し、感染したクライアントを抽出する機能を兼ね揃えているため、大切な情報が流出することを未然に防ぎます。

  • マルウェア:不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称です。

社員のセキュリティ意識を高めたい。

  • 標的型攻撃訓練サービス

情報漏えいの原因として挙げられるのが、受信メールの添付ファイルの開封や実行、文中内にある誘導用URL閲覧によるものです。
本サービスは、社員の標的型攻撃メールに対する判断力を養うプログラムです。
企業を標的型攻撃から守る最後の砦は社員一人一人の経験値に基づきます。本サービスでは、従業員の標的型攻撃理解向上を図り、スパムメールやウイルスメールなどから企業を守ります。
オプションで、社員へのセキュリティ教育も行います。

PCI DSS準拠・Pマーク取得を検討したい。

  • PCI DSS準拠支援サービス

PCI DSS(※)取得及び準拠に向けた社内体制構築の初期段階からオンサイト評価まで一貫したサービスを提供します。

  • PCI DSS:国際カードブランド5社が中心となって策定した、クレジットカード会員データを安全に取り扱うことを目的としたクレジットカード業界のセキュリティ基準です。ゼウスでも株式会社ブロードバンドセキュリティのオンサイト評価を受け、PCI DSSに完全準拠しています。

サービスについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連リンク

当社はSBIグループ企業です

セキュリティへの取り組み

  • プライバシーマーク 17000078
  • ASR ISMS ISO 27001 情報セキュリティマネジメントシステム
  • PCI DSS

ページトップへ