クレジットカードはどのようにして誕生しましたか?

クレジットカードは、1950年に生まれました。
クレジットカードが生まれた経緯にはこんなお話があります。

ある実業家がレストランで食事をし、支払いをする際、財布を忘れてきたことに気付き、「つけ」で支払いができるシステムを作ったのが、クレジットカードの発祥と言われています。

この実業家は、このことがきっかけとなり、
"財布がなくても食事や買い物ができる"システムを作ろうと思案しました。
(作り話とも言われていますが。。。)

こうして、1950年に世界で初めてのクレジットカード会社が誕生しました。
それから遅れること10年。

1960年には日本でも始めてのクレジットカードが発行されました。

POINT

クレジットカードは、手持ちの現金がなくても買い物できる便利なサービスとなります。

次のページ