クレジットカードはどれくらい普及していますか?

クレジットカードはとても広く普及して、利用機会も広がっています。
今では、公共料金の支払いなどにも利用でき、あらゆるシーンでクレジットカードが活躍しています。

国内で発行されているクレジットカードの枚数は3億2千352万枚にもなります。

クレジットカード発行枚数は平成8年に2億3千367万枚、平成18年に2億9千266万枚、平成25年に3億2千352万枚発行されています。 日本クレジット産業協会調べ:平成25年調査データ

成人人口比では1人当たり3.1枚所有していることになります。

ほとんどのECサイトや実店舗がクレジットカード決済を導入しているのもうなずけますね。

  • 総務省「人口推計」平成25年3月1日現在の20歳以上の総人口:1億480万人

POINT

クレジットカードは今や、ほとんどの成人が複数枚所有しています。
利用機会も広がっており、社会に広く浸透した決済手段であるといえます。

前のページ | 次のページ