クレジットカード決済を導入するのとしないのでは、どのような差がありますか?

ある調査では、希望の決済手段がなかった場合は、半分以上の人が「購入をやめる」とか「希望の決済手段を用意しているショップで購入する」という調査結果がでています。

クレジットカード決済を用意していないためにお客様を逃がしてしまう」という事態も十分想定できる話なのです。

クレジットカード決済の大規模ECサイトにおける利用率は、ほぼ100%となっており、大半のECサイトで利用されています。

クレジットカード決済はネットショップには欠かせない重要な決済手段となっているのです。

POINT

クレジットカード決済は広く浸透しており、ニーズの高い決済手段です。
そのため、「クレジットカード決済がない=機会損失」という状況も考えられます。
今やクレジットカード決済を導入していないこと自体がリスクともなりえるのです。

前のページ | 次のページ