最近、法人だけでなく個人事業主様もネットショップで成功を収めるケースが増えています。売上を上げるためには顧客を増やすことが必要ですが、そのためにはお客様が希望する決済サービスを導入することが必要不可欠です。
数多い決済方法の中で特に幅広い年齢層のお客様に支持されているのが、コンビニ決済です。ここでは、事業主様とお客様の双方にメリットの多いコンビニ決済の導入方法を見てみましょう。

コンビニ決済とは?

コンビニ決済は、お客様がコンビニエンスストアで商品の代金を支払うことができる決済方法で、「払込票方式」「払込用番号方式」の2種類があります。払込票方式は、事業主様からお客様へ送付される振込票をコンビニエンスストアのレジで提示して支払います。払込用番号方式は、事業主様からお客様へメールで専用番号を通知し、コンビニエンスストア店頭に設置しているマルチメディア情報端末に払込用番号を入力し、発行された申込券をレジで提示して支払う方法です(一部、直接レジスタッフに払込用番号を提示して支払うコンビニエンスストアもあり)。

コンビニ決済3つのメリット

1.誰でも支払いができる

お客様にとってコンビニ決済の最大のメリットは、クレジットカードを保有していなかったり、銀行振込をしたくなかったりする場合でも支払い可能であることです。クレジットカードの使用に抵抗がある方、銀行振込の手間を避けたい方にとっては便利な支払方法です。

2.支払手数料が安い

銀行振込にすると、利用する銀行によっては振込手数料が高いことがあります。お客様が振込手数料を払う場合は負担が大きくなるため、手数料が安いコンビニ決済はメリット大です。

3.身近な上支払い方法が簡単

コンビニ決済はその名前のごとく、コンビニエンスストアでお支払い(決済)可能なシステムです。
コンビニエンスストアは、銀行より店舗数が多く私たちの身近な存在なので、気軽にご利用いただけます。また、銀行振込の場合、窓口では時間がかかり、ATMも操作に慣れていないと手間取ります。しかしコンビニ決済なら基本的に振込票をレジで提示する支払いのため、不明点があってもスタッフにフォローしてもらえます。初めての利用者や高齢者などは特に利用しやすい支払い方法です。

コンビニ決済の導入方法

コンビニエンスストアとの直接契約・接続はほとんどなく、コンビニ収納代行会社を経由してコンビニ決済を導入することが一般的です。そのため、多くの個人事業主様が、収納代行会社=決済代行会社と契約して管理を一括しています。
決済代行会社は、コンビニエンスストアと取次ぎ、各コンビニエンスストアに収められたお客様からの入金を管理します。事業主様へ入金状況を通知し、規定の入金サイクルで入金するため、事業主様の負担が軽減されます。

決済代行会社により、初期費用・月額費用・決済手数料・利用可能コンビニエンスストア・接続方式・入金サイクルなどが異なります。また、個人事業主様の場合や、取扱商品・商材によっては契約できない会社もありますので、事前に確認しましょう。
利用する決済代行会社を決めたら申込みを行い、コンビニ審査を受けます。審査通過後、決済代行会社から利用に関するシステム設定情報が事業主様に案内されます。その案内に沿って事業主様はシステム設定および動作確認を行います。以上が、コンビニ決済導入までの流れです。
個人事業主様の場合、コンビニ決済を希望しつつも自社サイト内にシステムを構築することが難しいケースがあります。決済代行会社の中には、メールでコンビニ決済が利用可能になるサービス「メールリンク」を展開している企業もあるため、1度ご相談してみると良いでしょう。

POINT

ここでは、コンビニ決済の導入方法をご紹介しました。お客様の世代や環境を問わず、誰でも利用しやすい決済方法として、コンビニ決済はネットショップなどを運営する事業主様にとって無視できない存在です。これから事業展開を予定されている方は、ぜひコンビニ決済の導入をご検討ください。

前のページ | 次のページ