クレジットカードによく記載されている「VISA」や「JCB」というロゴマーク。これらは、クレジットカードのブランドを表しています。クレジットカードのブランドには、国際的に流通している「国際ブランド」があり、日本で発行されているクレジットカードの大半に、国際ブランドが付いています。
クレジットカード決済を導入する際に悩むことのひとつが、どの国際ブランドを取り扱うかという点です。ここでは、各種国際ブランドについてご紹介します。

主要国際ブランドについて

日本で使われているクレジットカードのほとんどに、いずれかの国際ブランドが付いています。主要国際ブランドとして長く認知されているのが、VISA(ビザ)・Mastercard(マスターカード)・JCB(ジェーシービー)・American Express(アメリカンエキスプレス)・Diners Club(ダイナースクラブ)の5種類で、中でもVISAとMastercardが世界で大きなシェアを占めています。
また、最近飛躍的にシェアを伸ばしている銀聯(ぎんれん)カードと、新たな注目株として話題のディスカバーカードも、国際ブランドのカードです。
国際ブランド付きのクレジットカードは、世界中にある全ての該当加盟店で利用できます。特に、ビジネスや観光などで海外に行く機会が多い方は、国際ブランド付きのクレジットカードを1枚持っているだけで、文字どおり世界が広がります。また、買い物や食事などの支払いだけでなく、クレジットカード優待で割引や特典を受けられたり、付帯保険で補償が適応されたりといったサービスを受けられます。

国際ブランドの違いは?

国際ブランドは、大きく2つのタイプに分けられます。1つは決済機能の利便性にこだわった「決済カードブランド」と呼ばれるもので、VISAやMastercard、JCBが該当します。もう1つは、旅先やエンターテインメント関連での利用時のサポートを厚くした「T&Eカード(トラベル&エンターテイメントカード)」で、American Express、Diners Clubが該当します。
クレジットカードを持つ人の利用用途やシーンなどで、マッチする国際ブランドも異なります。以下が、それぞれの国際ブランドの特徴です。

VISA(ビザ)

VISAは1958年、バンク・オブ・アメリカにより創業。世界で約13億人のクレジットカード会員と2,400万以上の加盟店を持つ知名度世界No.1の国際ブランドです。日本国内はもちろん、海外でも最も使いやすいため、クレジットカードを初めて作る場合はVISAを選ぶ方が多いようです。
VISAはクレジットカードを世界中で利用できるように決済システムを整備している「決済機構」であり、独自ではクレジットカードを発行していません。VISAからライセンス権利を得た各提携会社が、クレジットカードを発行する仕組みになっています。

Mastercard(マスターカード)

Mastercardは、VISAに次ぐ世界No.2の国際ブランドで、VISAと同様に決済面で使いやすいのが特徴です。日本国内ではVISAの使用範囲とあまり差がありませんが、海外ではVISAがアメリカ方面に、Mastercardはヨーロッパ方面に強い、といわれています。
Mastercardも決済機構で、ライセンス権利を受けた提携会社がクレジットカードを発行しています。

JCB(ジェーシービー)

JCBは日本で生まれた国際ブランドです。発行枚数自体はVISAの5%程度ですが、日本国内の加盟店数は1位で、クレジットカード保有者が多いのが特徴です。また、決済カードとしてはもちろん、空港宅配優待サービスや優待ガイドなど各種付帯サービスもあり、普段の生活でも役立ちます。

American Express(アメリカンエキスプレス)

American Expressは、通称「アメックス」と呼ばれ、ステータスが高いブランドとして世界中で認知されています。年会費がやや高めですが、一流ホテル・レストランなどの優待や空港ラウンジの利用など提供サービスの質が高く、特に富裕層に支持されています。また、JCBと提携(加盟店相互開放)しており、JCBカードの加盟店ならアメックス会員もほぼ使える契約になっています。ただし、JCB側と直接の加盟店契約をしていないお店では、使用できない場合があります。

Diners Club(ダイナースクラブ)

Diners Clubは、世界で最初に登場したクレジットカードであり、アメックスと同様に富裕層向けのイメージが強い、ハイステータスな国際ブランドです。利用金額の限度が比較的高いため、高額商品の支払いや出費が多い月などでもゆとりをもって利用できます。また、グルメや旅行、エンタメシーンなどで利用できる優待サービスが充実しており、会員限定イベントを多く開催するなどのメリットも支持されています。

銀聯(ぎんれん)カード

銀聯カードは、中国中央銀行主導で作られた国際ブランドで、訪日中国人の増加に合わせて日本国内でも加盟店が増えています。中国銀聯発表によると、2015年の第1四半期での銀聯カードの取扱高は約1兆9,000億ドル。VISAの1兆7,500億ドルを抜いており、クレジットカードの累計発行枚数は50億枚以上にのぼる、今最も成長率の高いクレジットカードブランドです。

ディスカバーカード

ディスカバーカードは、アメリカのディスカバー・フィナンシャル・サービスが展開しているクレジットカードです。アメリカを中心に約5,000万人の会員を持っており、加盟店は北アメリカ・中央アメリカ・東南アジアなどに広がっています。2016年7月時点では、日本国内でディスカバーカードを発行しているクレジットカード会社はなく、発行を希望する場合はアメリカなど海外で申請しなければなりません。ただし、JCBおよび銀聯カードと提携しているため、JCBカード会員はJCB加盟店があまり多くないアメリカなどでも、ディスカバーカード加盟店でJCBカードを利用できます。ただし、一部加盟店ではJTBカードを取り扱っていないため、使用前に注意が必要です。

POINT

ここでは、クレジットカードの主な国際ブランドについてご紹介しました。クレジットカードの国際ブランドは、利便性はもちろん、各種付帯サービスやステータスなど、さまざまな特徴を持っています。利用者の使い方やライフスタイル、価値観、地位などによって選ぶポイントも異なるのです。
どの国際ブランドを自店舗で取り扱うか悩むところですが、決済代行会社を利用することで複数の国際ブランドの加盟店になることもできます。取り扱う国際ブランドを増やし、機会損失を減らしましょう。

前のページ | 次のページ