導入事例インタビュー

株式会社ピーシーエス 執行役員 社長室 室長 伊藤氏にお話を聞きました。

ピーシーエスについて教えてください。

ピーシーエスは1986年の創業より、28年間(2014年10月現在)、宅配ピザ「ピザ・カリフォルニア」の運営を行ってきました。店舗数は、全国で89店舗を数えます。「ピザ・カリフォルニア」の特長は、各店舗で生地を練り、24時間発酵させたピザ生地を使用し、手作り感のあるピザを売りにしているところです。気温や水温にも日々気を配り、厳しい品質管理を行っています。また、ソースには新鮮な旬の素材を贅沢に使用し、トマトソースをはじめ、グラタン、サルサ、カレー、テリヤキ、特製ミートソースなど、バラエティーに富んだオリジナルソースを用意しています。

これまで宅配ピザ専門に運営してきましたが、さまざまな形態の事業を展開していこうと、2012年に新業態として「Spicy Thai(スパイシー ・タイ)」という初心者の方でも楽しめるタイ料理店舗、また2014年には「Italian Bar guri(イタリアンバール・グリ)」というお洒落で癒されるイタリアン肉バルを東京にオープンしました。お店の立地と客層に合わせ、ピザではなくタイ料理やイタリアンバルという新たな展開でしたが、お陰様で売り上げも伸びてきており、これを第2、第3の柱として今後の展開を図っていきたいと考えています。

ゼウスの決済サービス導入のきっかけと導入後の感想を教えてください。

宅配ピザといえば、従来はお客様が電話注文し、ピザ配達時に現金決済するのが一般的でしたが、現在はネット注文でクレジットカード決済をするお客様も増えています。そのような中、ピザ配達時に現金でなくクレジットカード決済をしたいとのご要望も多く、ゼウスのクレジットカード端末機を導入しました。

若いアルバイト社員がお客様のもとへクレジットカード端末機をお持ちするため、最近でてきたスマートフォンを使用して簡単に決済可能な端末機ですと、お客様もスキミングされてしまわないかと不安に感じてしまいます。導入した「TM-P1000」という端末機は、一目でクレジットカード端末機と分かりますので、お客様にも安心して決済を行っていただけると思っています。また、「TM-P1000」は、持ち運びもしやすく簡単に操作できるため、これならアルバイト社員も使いこなせると思った点も選択のきっかけです。

また、ゼウスは24時間365日有人サポートがある点も運用面において大変助かっています。お店でなく、お客様の自宅で決済を行うため、問題が起きた時にその場でゼウスに電話ができ、すぐにサポートしていただけるので安心です。加えて、全国の店舗売上が東京本社でリアルタイムに一元管理できることも導入のメリットですね。

最後に一言お願いいたします。

当社でもクレジットカード決済の割合は増えています。当社は地方に店舗が多いのですが、近くにコンビニエンスストアもなく、すぐにお金をおろすことができない地域において、比較的クレジットカード決済を利用するお客様の割合が多いですね。手持ちの現金がなくてもピザを注文できるので、お客様にとっても、大変便利な決済方法だと思います。当社のような地方にも宅配拠点を持ち販売を行っている事業者の方は、クレジットカード端末機の導入で機会損失を防ぐことができるため、是非導入をご検討されてはと思います。ゼウスでは、強固なセキュリティ対策もされていますので、その点も安心です。

ピザ・カリフォルニア商品

マルゲリータ
モッツァイタリアンフォー
角切り厚厚ベーコン

導入店舗

サービスについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連リンク

当社はSBIグループ企業です

セキュリティへの取り組み

  • プライバシーマーク 17000078
  • ASR ISMS ISO 27001 情報セキュリティマネジメントシステム
  • PCI DSS

ページトップへ