昨今、不正にクレジットカード番号などの情報を入手し、カード会員本人になりすまして不正に商品を入手するインターネット犯罪が急増しています。

インターネットでクレジットカードが不正に使用された場合、カード会員よりカード会社に対し支払いの拒否がなされ、カード会社よりチャージバックが発生します。

※チャージバックについて
クレジットカード会社よりチャージバックが発生した場合、ゼウスとの加盟店規約に基づき当該取引の売上金については加盟店様のご負担となります。

ゼウスではこのような不正利用を未然に防止するため「セキュリティシステム」の導入をお願いしております。 また、同時に加盟店様においても売上状況について確認いただき、不審決済についての早期発見をお願いしております。

セキュリティシステム導入

ゼウスでは不正利用未然防止の対策の一環として、以下に紹介するセキュリティシステムの導入をお願いしております。
セキュリティシステムを導入することにより、第三者によるなりすましの被害をシステム的に防止することが可能となり、不正利用被害を抑止することができます。

3Dセキュア(本人認証サービス)

3Dセキュアとは、インターネット上でクレジットカード決済をより安全に行うために、VISA、Mastercard、JCBが推奨する本人認証サービスです。
カード会員が事前にカード発行会社に「本人しか知りえない」パスワードを登録し、クレジットカードでの決済時に本人確認として認証を行う仕組みです。従来の「カード番号」と「有効期限」の確認に、「本人しか知りえないパスワード」が加わり、より一層安全なお取引が可能となります。

従来の決済方法

カード番号と有効期限で行う従来の決済方法では不正利用の可能性あり

3Dセキュア導入後の決済方法

3Dセキュアを導入することでより安全なお取引が可能

3Dセキュア

セキュリティコード(CVV2/CVC2)

決済時に、クレジットカード裏面にある3桁~4桁の数字をご入力いただくシステムです。
たとえ第三者に決済で必要な情報(クレジットカード番号、有効期限)を盗まれても、クレジットカード本体に記載されているセキュリティコードの入力が別途必要となるため、不正利用リスクを軽減することができます。

セキュリティコード(CVV2/CVC2)

セキュリティコード

  • セキュリティシステムの導入については弊社営業部までお問い合わせください。

不正検知サービス

電話番号や住所などお客様の情報を管理画面に登録することで、商品発送(サービス提供)前に不正利用を検知するサービスです。
登録された注文情報をもとに、商品の出荷可否や支払方法の変更などの審査結果をリアルタイムに表示されるので、事業者様は初めてのお客様からの注文にも安心して対応できます。追加のシステム開発は必要なく、低コストかつ短期間で導入することができます。

不正検知サービス

チャージバック保証サービス

クレジットカード決済の不正利用に起因するチャージバックリスクの回避や、チャージバック発生時に事業者様の被る損害を保証するサービスです。
チャージバックとは、なりすましやクレジットカード盗用などの不正利用を理由として、クレジットカード会員が利用代金の決済に同意しない場合に、クレジットカード会社がその利用代金の売上を取り消すことです。
その結果、事業者様はその利用代金を負担しなければならず、発送(商品・サービスを提供)済みの場合には、多大な損害が発生する恐れがあります。「チャージバック保証サービス」をご利用いただくことで、チャージバックが発生しても事業者様は不正利用による請求額を負担せずに済み、ECサイトの損失を防ぐ、有効な対策の一つです。

チャージバック保証サービス

加盟店様でのご確認

ゼウスで提供しております「売上管理画面」や、加盟店様で管理されている「受注管理データ」をご確認いただくことにより不正を未然に防ぐことができます。
以下に不正利用が多い手口から不正利用「確認ポイント」としていくつかの事例を紹介します。
万が一、ご確認いただいた決済で「不審」と思われるお取引がございましたら、商品発送前にゼウスへご相談ください。

売上管理画面での確認ポイント

  • 決済失敗後、いろいろなクレジットカードで何回も決済を行っている
  • 同一名義で短時間に複数の決済がある
  • 他のユーザーの決済金額に比べ、明らかに高額な決済である
  • 決済時のクレジットカード名義と配送先名義が異なる
  • 同一アドレス、電話番号にも関わらずカード名義が異なる
  • 例:
    決済失敗後、いろいろなクレジットカードで何回も決済を行っている。(イメージとなります)
売上管理画面での確認ポイント

受注管理データでの確認ポイント

  • 存在しない住所、もしくは同一住所で部屋番号を変えてなど、住所に不自然性がある
  • 同一住所に複数の受注注文がある
  • 申込者が明らかに海外の方であるにも関わらず、配送先が日本である
    • 逆の場合もあります
  • 住所地と固定電話の市外局番が異なる
    • (例:配送先住所は福岡県だが、市外局番は東京都 など)
  • ウィークリーマンションや私書箱、転送会社を配送先として指定している

不審だと感じられたときは、お支払方法を代引き・振り込みなどクレジットカード以外の方法に変更していただくことも不正利用での被害を回避する方法の一つです。
上記以外のケースでも「不審」と思われる場合は、商品発送前にゼウスまでご相談ください。

お問い合わせ先

下記項目をご記載の上、お問い合わせください。
のちほど担当者よりご連絡いたしますので、今しばらくお待ちいただけますようよろしくお願いいたします。

merchant@cardservice.co.jp

件名:決済サービスお問い合わせ
IPコード:
ご契約者名:
担当者名:
メールアドレス:
担当者名:
お問い合わせ内容:

SBIグループの決済代行サービス会社ゼウスです