サービス利用中の加盟店様
不正利用についてのよくあるご質問(FAQ)

  • 不正利用にあった場合どうなりますか?

    クレジットカードの保有者(以下:カードホルダー)が不正利用などによりカード会社に異議申し立てをし、カード会社がそれを受理した場合、またはカード会社がカードホルダーから代金の回収が出来なかった場合、カード会社は利用店舗側へ代金の請求代金の差し戻し(チャージバック)を行います。
    チャージバックになった決済についてはカード会社から売上が支払われず、加盟店様負担となりますのでご注意ください。

    不正利用リスクを軽減するため、下記サービスのご用意もございます。

  • 不審な決済があるのですが…。

    ゼウスで提供しております「売上管理画面」や、加盟店様で管理されている「受注管理データ」をご確認いただくことにより不正を未然に削減することが可能です。

    ゼウスでは不正利用が多い手口から不正利用「確認ポイント」としていくつかの事例のご紹介、および対処方法を「不正利用防止について」でご案内いたします。ご参考ください。

  • 不審な決済を調査する方法はありますか?

    ございます。

    ゼウスでは、注文データを管理画面に入力することで、商品発送(サービス提供)前に不正利用検知を行うことができるサービスのご紹介が可能です。
    お客様の購入ステップを増やすことがないため、かご落ちリスクを考慮する必要はございません。
    チャージバックリスクや後払いの未回収リスク削減に効果的です。
    費用ならびにお手続きについてはお問い合わせください。

  • チャージバックとは何ですか?

    「チャージバック」とは、クレジットカードを保有するカード会員が不正使用などの理由により支払いを拒否した場合に、カード会社がその代金の売上を取消しすることをいいます。
    「チャージバック」が発生すると販売元である加盟店様はカード会社に利用代金を返金しなければなりません。
    さらに商品提供後の場合は、商品も戻ることはないため、損害が発生してしまいます。

    ゼウスでは不正利用が多い手口から不正利用「確認ポイント」としていくつかの事例のご紹介、および対処方法を「不正利用防止について」でご案内いたします。ご参考ください。