事業者様のクレジットカード情報入力画面に、ゼウスが提供するJavaScriptプログラムを組み込み、決済を行っていただく方法です。
カード情報を保持せず、自社サイトの決済画面をご利用されたい事業者様におすすめです。

接続イメージ

お客様が事業者様サイトで決済。ゼウスの決済フォームへページ遷移し各決済機関へ決済データを送信。各決済機関が決済処理をしゼウスへ決済結果返答。ゼウスが事業者様へメールもしくはCGIにて決済結果通知。ゼウスがお客様へ決済確認メールを送信。
  • トークンは、クレジットカード情報を代替するパラメータです。
    事業者様は、お客様がゼウスに送信したクレジットカード情報を元に生成されたトークンを利用して決済を行います。

このような方におすすめ

  • 自社システムに決済機能を組み込みたい方
  • クレジットカード情報の漏洩を抑制し、セキュリティの強化を図りたい
  • 自社サイト内で決済フローを完結させたい方
  • 画面遷移数を減らしたい

仕様

仕組み 事業者側サイトにて決済情報(カード番号、有効期限など)を入力いただき、ゼウス提供のJavaScriptプログラムにて決済処理
接続・構築
  • 指定URLに必要情報(パラメータ)を送信
  • 受注システム連携:レスポンス取得、CGI送信
決済結果の通知
  • メールによる決済結果通知
  • レスポンス取得
  • CGI送信による結果パラメータ受信
対応デバイス 事業者サイトに準拠

対応決済サービス

その他の接続方式

サービスについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連リンク

当社はSBIグループ企業です

セキュリティへの取り組み

  • プライバシーマーク 17000078
  • ASR ISMS ISO 27001 情報セキュリティマネジメントシステム
  • PCI DSS

ページトップへ