導入事例インタビュー

ホテル日航関西空港 副総支配人 川口氏にお話を聞きました。

ホテル日航関西空港について教えてください。

関西国際空港におけるエアポートホテルの運営を行っています。空港直結という立地のため、ご旅行の前後泊としてご利用されるお客様がほとんどです。宿泊に関しては、格安航空会社「Peach(ピーチ)」等のLCCをご利用のお客様向け特別宿泊プランや早期割引プランが人気です。また、ホテル内のレストランでは地元の農家さんとタイアップした新鮮な野菜を提供しています。

ゼウスの決済サービス導入のきっかけを教えてください。

ホテル専用のネット宿泊予約システムに対応していた決済代行会社がゼウスでした。ICカード「PiTaPa」とクレジットカードが一緒になった「minapitaカード」の「minapitaポイント」2倍特約店の設定ができる点も導入のきっかけです。

ゼウスの決済サービスはいかがですか?

決済サービスを利用するにあたり、初めはすごく大変な処理が必要ではないかと思っていましたが、ネット宿泊予約システムから出る予約番号の最初の8ケタが決済された日付となっているため、リストに細かく記載されたカード会社、金額等の決済に関する情報も容易に把握することができます。また、事前予約決済完了後、何らかの理由により返金処理が発生した場合でも、いつでも簡単に変更処理できる点も良いですね。即時決済のため料金の回収漏れもなく、予約されたお客様が当日連絡のないまま現れないノーショー(no-show)やキャンセルチャージの際も、消費税相当額を差し引いた金額にて変更処理を行い、売上を計上することも可能です。
お客様に決済URL(決済手続き画面)をメールでご案内するメールリンク型決済もお奨めです。精算を忘れて出発されたお客様には、連絡をとりメールアドレスを伺えば、クレジット決済可能なURLを送信することもできます。お客様自身がカード決済処理をするため安心なサービスです。
本人認証サービスである「3Dセキュア」の導入もしていますので、信用度もアップできました!ネット宿泊予約システムとゼウスが連携し、予約完了時にお客様が領収書を発行できる機能をもうすぐ追加していただく予定ですが、お客様からの領収証の問い合わせがなくなり、より利便性が増します。
ゼウスでは、さまざまな要望も前向きに検討して頂いており助かっています!

ビジネスモデル別導入ナビ

サービスについてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

関連リンク

当社はSBIグループ企業です

セキュリティへの取り組み

  • プライバシーマーク 17000078
  • ASR ISMS ISO 27001 情報セキュリティマネジメントシステム
  • PCI DSS

ページトップへ