口座振替は昔からよく利用されている支払い方法で、幅広い年齢層のお客様に利用されています。この口座振替には、お客様や事業主様にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?また、事業主様が口座振替を導入する場合は、どのような手続きが必要なのでしょうか?ここでは、ネットショップに口座振替の支払い方法を組み込む手順を含めた口座振替の導入方法についてご紹介します。

口座振替サービス導入のメリットとは

口座振替とは、金融機関に依頼してお客様の口座から事業主様の口座へ資金を移動させる支払い方法です。毎月請求するような商品・サービスを販売する場合に利用すると便利な口座振替は、公共料金の支払いなどで広く利用されています。多くの方々になじみがあり利用率が高いことから、対象年齢層が広いネットショップの場合は、販売促進の方策になることが口座振替サービス導入のメリットです。また、銀行振込やコンビニエンスストアでの支払いと異なり、お客様が金融機関やコンビニエンスストアに出向く必要がないため、支払い忘れがなくなり代金回収率を高く維持できます。
通常、不特定多数のお客様と取引をする事業主様は決済代行会社の口座振替サービスを利用して、各金融機関への口座振替手続き業務と集金代行を依頼するパターンが一般的です。

口座振替依頼書の手続きについて

口座振替は振替依頼用紙で手続きできますが、決済代行会社では従来の振替依頼書の手続きの他に、WEB上で手続きするサービスも用意しています。
振替依頼書で申込む場合、お客様が振替依頼書を記入・捺印し、事業主様へ郵送しなければなりません。その後、事業主様は回収した振替依頼書を収納会社へ送付します。しかし、振替依頼書に記入不備があった場合は、事業主様からお客様へ返送して再振替依頼書の記入・捺印をしていただく必要があるため、事務処理の負担が重くなります。また、郵送期間を含め金融機関の手続き完了までに1~2ヶ月程度かかります。

事業主様のコストが削減できるWEB受付

一方、WEB受付サービスを利用すると、お客様もWEB上で必要情報を登録して受付完了となるので、振替依頼書をわざわざ記入・郵送する手間が省けます。お客様が申込みした時点で決済代行会社から直接金融機関に手続きが依頼され、本人認証が済めば手続き完了です。
また、振替依頼書の回収や記入不備の時の返送など、事業主様が行う事務処理の手続きが不要で運用コストも大幅に削減できます。さらに、決済代行会社によっては、クレジットカード決済コンビニ決済などの各種決済サービスと併せて導入できるので、専用管理画面などで決済の一元管理が可能です。 

口座振替サービス(WEB)の導入方法とは

このように、WEB受付サービスはお客様と事業主様の双方で手続きの手間が大幅に省略できる方法です。また、個人事業主様によるネットショップでも、比較的簡単に導入できます。
決済代行会社を利用することで、システム面も容易になります。一般的に商品・サービスを購入する画面で決済代行会社の決済ページに遷移し、それ以降の処理は決済代行会社のシステムで行えるようになります。システム面だけでなく、セキュリティ面でもしっかりとした対策を行っている決済代行会社に繋ぎこむことで、個人情報などの情報漏えいのリスクも抑制されます。

口座振替サービスを導入する際の注意点

口座振替サービスを利用する際に気になるものの1つが、領収書です。領収証の扱いについて、民法で口座振替に関する明確な定義はありません。お客様と事業主様の双方で合意されている場合は、発行不要となるため、利用規約に記載するなどの対処を取ります。
お客様は領収書の代わりに預金通帳の記帳で支払いを確認します。預金通帳の明細は税務上で領収書と同等のものとして認められています。なお、毎月請求代金が異なる場合は、明細書と併せて領収書を発行することが一般的です。
また、口座振替依頼書で手続きする場合は完了までに時間がかかるため、それまではお客様が銀行振込みなど他の決済方法で支払いをする必要があります。

POINT

このように口座振替は利便性が高いため、決まったお客様に毎月請求するのであれば、ぜひご検討いただきたい決済方法です。さらにWEB受付サービスを利用すれば、短期間手続きや事業主様の事務処理負担の大幅軽減が可能です。ただし、領収書発行の代わりに通帳記帳で明細を確認するなど、事業主様からお客様へのご案内も必要なためご注意ください。
なお、ゼウスでは「口座振替決済サービス」を取り扱っております。詳細は弊社サイト内の「口座振替決済サービス」をご覧ください。

前のページ | 次のページ