Instagramは全世界で1億3,000万ものユーザーが利用している写真共有サービスの最大手です。

Twitterのようにフォローした人の写真がタイムラインに流れてきてアップロードした写真には「いいね!」やコメントをつけることができるためブランド認知には上手く使えば有効に作用するといえます。

しかし実際には、「いいね!」をしても「シェア」はされないなど上手く利用できているショップは多くありません。

Instagramのフィードの仕組みとショップがどうやってInstagramの投稿からアカウントを見つけてもらえ、サイト認知や誘致・集客に結びつけていくかが重要です。

まずファン層として女性層が多いという点があるのでターゲット設定で女性向けという商材が有効であるともいえます。
Instagramでは検索窓でユーザーを検索する場合、正式なアカウント名で検索しないとアカウントが表示されないので、日本語でユーザー名を検索してもなかなか出てこないのが実態です。

そこで投稿に必要なのがハッシュタグになります。
ハッシュタグをつけたキーワードは検索結果に表示されるようになります。

ダントツに使われているハッシュタグ

#love
#instagood
#like
#cute
#happy

なども適宣使用しつつ、自社商品の名前や用途やブランド名などで運用していく必要あります。

インサイトツールなどを使って注目されているハッシュタグ分析を行い、結果を出すためにはインサイトの数字から検証を行うなど、投稿企画・写真・ハッシュタグの見直しにつなげていくPDCAが必要になってきます。

サイトページ導線を作るためには、投稿コメント毎に「詳細はプロフィール画面のURLからどうぞ」などの一文を追加する必要があります。
無料で使えるInstagramを上手に利用して、自社サイトへの集客を図りましょう。

カテゴリ: 集客方法

おすすめの関連記事

  • SNS広告のメリット・デメリット
    Facebook広告、Twitter広告、そしてInstagram広告などSNS広告がそれぞれありますがいったいどれをやればいいの?とお悩みの方もたくさんいらっしゃる・・・
  • Facebookカスタムオーディエンス広告とは?
    ショップにとってFaebook広告を活用するメリットは、「新規顧客獲得や認知を図る」といった目的や「コンバージョンさせたいターゲット層へのアピール」・・・
  • 成長著しいASEAN市場を狙おう
    少子高齢化に向かうこの日本インターネットショップも、ECサイト内でのシニア対策が必須であることはご周知のことと存じます。ただ一代限りのネット・・・

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。