インフィード広告とは?スマホ時代にマッチしたインフィード広告の市場規模

プロモーション

ネットショップ運営の広告手法として近年注目されているインフィード広告とは、SNSのタイムラインやブログサイト、アプリなどの画面で、ブログやニュー ス記事などのコンテンツの間に表示されている広告配信方法です。アフィリエイト広告やリスティング広告、アドネットワークやDSPの利用など、さまざまな種類の・・・

動画マーケティングに取り組もう!商品紹介用WEB動画制作のコツ

プロモーション

動画マーケティングとは、WEB上での商品および企業紹介など、動画を利用して購買や認知を促す方法です。文章や画像以上に情報量の多い動画は、スマートフォンやタブレットなどのデバイスの多様化により視聴しやすくなりました。
かつてはテレビCMや街頭プロモーションなど、大きなコストがかかった動画マーケティングも・・・

SNS広告のメリット・デメリット

プロモーション

Facebook広告、Twitter広告、そしてInstagram広告などSNS広告がそれぞれありますがいったいどれをやればいいの?
・・とお悩みの方もたくさんいらっしゃると思います。 SNS広告は、配信先がユーザーによって登録されている興味関心、地域、性別などのプロフィール情報によりセグメントができるので、他のネット広告よりも訴求効果が高い・・・

Facebookカスタムオーディエンス広告とは?

プロモーション

ショップにとってFaebook広告を活用するメリットは、「新規顧客獲得や認知を図る」といった目的や「コンバージョンさせたいターゲット層へのアピール」といった用途に絞られていましたが、カスタムオーディエンス 新しいウィンドウで開くによってショップ内で接触したユーザーに対してFacebook上でもアプローチすることができます。

広告用ランディングページのABテストの実施と計測

プロモーション

現在の広告においては、スマートフォンユーザーの増加に伴いスマートフォン向け広告とそのスマートフォン用ランディングページの理想的な運用が課題となります。
スマートフォン用ランディングページ(LP)では、その効果検証のためキャッチやファーストビュー画像やボタン色などを1ヶ所変更させて、よりよいコンバージョンが・・・

広告費用対効果の計算方法 2つの指標CPAとROAS

プロモーション

広告の費用対効果を測るための指標として「CPA」(Cost Per Acquisition)と「ROAS」(Return On Advertising Spend)の2つの指標を憶えておくとよいでしょう。
CPAは、「1コンバージョンあたりのコスト」のことでコンバージョンの獲得単価を示します。つまりこの数値が低いほど費用対効果の高い広告だといえます。

LP(ランディングページ)の構成とロジックについて

プロモーション

最近、LP(ランディングページ)の作り方について悩まれる方も多いかと思います。
そもそもLPの概念とは、訪れるユーザーそれぞれの動機や目的に合致したコンテンツで出迎え、当該LPからの離脱率を抑えコンバージョン率を高めることにあります。その手法そのものを、LPO(Landing Page Optimization=ランディングページ最適化)と呼ぶようになりました。

PPC広告の費用とクリック単価を理論的に考える

プロモーション

よくPPCの広告予算をどのように決定しているのかとお尋ねすると
「月5万円~10万円ぐらいで適当に・・」というような回答を耳にします。
しかしPPC広告というのは、街の看板のように効果を計測できない広告ではないので、ぜひ、理論的に広告展開をしていただきたいと思います。PPC広告とは、Pay Per Click・・・