動画マーケティングとは、WEB上での商品および企業紹介など、動画を利用して購買や認知を促す方法です。文章や画像以上に情報量の多い動画は、スマートフォンやタブレットなどのデバイスの多様化により視聴しやすくなりました。
かつてはテレビCMや街頭プロモーションなど、大きなコストがかかった動画マーケティングも、今では個人レベルの身近なコンテンツとなり、少ないコストでもECサイトの商品案内、企業や商品のブランディングができるようになっています。

動画マーケティング市場

インターネットに接続するデバイスは、2014年にスマートフォンやタブレットなどといったモバイル端末の割合がデスクトップ・ノートPCの割合を超えました。現在もモバイル端末が増加傾向にあり、モバイルシフトが明確になったといえます。
インターネット広告の調査・研究を行うインタラクティブ広告業界団体のIAB(インタラクティブ・アドバタイジング・ビューロー)によると、動画コンテンツを視聴する42%もの人がスマートフォンを経由していることが分かりました。Facebookは今や動画プラットフォームとしても進化し、Twitterもモバイルフレンドリー化を進め、動画の投稿や外部サイトへの埋め込みが可能です。
またアメリカでは、動画を企業ブランディングとして打ち出し、認知度や広告想起率を測定して以降のマーケティング戦略を練る手法が一般的になっています。

動画マーケティングのメリット

動画マーケティングの最も大きなメリットは、情報量の多さによる購買意欲の向上です。音や映像を使用するため複雑な内容でも伝わりやすく、短い時間でターゲットに対し効果的に訴求でき、認知やリピート率の向上にも役立ちます。詳しくは以下のとおりです。

【1】認知度のアップ

まったく認知のない状態から関心を引き、能動的に文字を追うストレスなく短時間で情報を提供できる動画マーケティングは、認知度向上にも有効的です。
また、商品そのものの広告ではなく、顧客満足度の向上や信頼関係の構築を目的とした「エンゲージメント動画」では、商品のストーリーやイメージ動画などによって企業や商品への信頼度を高められます。

【2】リピート率アップ

商品購入後のリピートにつながらない原因のひとつが、実際の商品やサービスと、お客様の期待感の間にギャップがあることです。情報量が多い動画広告なら、商品やサービスの内容について視聴時に細かく伝えられるため、購入後にギャップが生じにくく、リピートにつながりやすいというメリットがあります。

商品紹介用のWEB動画作りのコツ

商品の魅力を伝え、訴求力のある紹介用WEB動画を制作するためは、いくつか押さえておきたいコツがあります。

【1】ターゲットを決める

まず初めに、「誰に」「何を」伝えるための動画なのかを明確にしましょう。お客様のニーズは何か、商品をどのように使用するのか、お客様である視聴者がどのような情報を求めているのかを分析し、視聴後の導線を用意しておくことが大切です。

【2】2分以内に収める

視聴者は「効率的に情報を集めたい」という欲求を持っています。長すぎる動画は視聴者を飽きさせ、関心を損ねてしまう可能性があります。
また、WEBコンテンツは最初の3秒で「見る」か「見ない」かの意思が決まるといわれています。動画制作の際には最初の3秒で心をつかむような演出を心掛けましょう。

【3】テロップやナレーションで情報量アップ

認知度の低い新情報に対してより理解しやすくするために、動画にはナレーションやテロップを付けるのがおすすめです。この処理によって、視覚的・聴覚的に入ってきた情報が整理しやすくなり、お客様の商品に対する理解を深めることができます。

おわりに

デバイスの進化で動画マーケティング市場はさらに拡大し、これまで文章や画像がメインだった商品紹介にも動画が使用されるようになっています。上記のコツをしっかりと押さえて、より多くの人々に見てもらえる動画制作を目指し、魅力的な動画マーケティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ: プロモーション

おすすめの関連記事