現在の広告においては、スマートフォンユーザーの増加に伴いスマートフォン向け広告とそのスマートフォン用ランディングページの理想的な運用が課題となります。

スマートフォン用ランディングページ(LP)では、その効果検証のためキャッチやファーストビュー画像やボタン色などを1ヶ所変更させて、よりよいコンバージョンが得られるようABテストを実施する必要があります。

無料のアクセス解析ツールGoogleアナリティクスを使ってみましょう

無料ツール Googleアナリティクスにはページを最適化するためのABテストの機能が備わっています。
Googleアナリティクス管理画面では「行動」メニューの中にある「ウェブテスト」と表示されている部分がそれにあたります。
Googleアナリティクスのウェブテストでは効果的なパターンを検証できるとともに、下記のようなPDCAを回すには最適な仕組みになっています。

PLANして:より効果的なパターンを考える。
DOして:効果的なパターンをテストする。
CHECKして:Googleアナリティクスのウェブテストで自動的に行ってくれます。
ACTIONする:テストの結果を反映し、更に改善する。

実際の設定方法は下記をご参照ください。

また自社サイトにGooglアナリティクスを入れていない事業者様や、Googleアナリティクスの基本設定の仕方がわからない事業者様などいらっしゃいましたらゼウスのGA Startがおすすめです。

カテゴリ: プロモーション

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。