広告の費用対効果を測るための指標として

「CPA」(Cost Per Acquisition)と「ROAS」(Return On Advertising Spend)の2つの指標を憶えておくとよいでしょう。

CPAは、「1コンバージョンあたりのコスト」のことでコンバージョンの獲得単価を示します。
つまりこの数値が低いほど費用対効果の高い広告だといえます。

CPA=コスト÷コンバージョン数

  • コスト=クリック数×平均CPC

という計算で導かれます。

例えば、月間10万円の広告費用をかけて100件のコンバージョンが得られた場合のCPAは「10万円÷100=1,000円」となり、200件のコンバージョンが得られたならCPAは500円となります。CPAが1,000円と500円ならば500円の低い数値のほうが費用対効果が高い広告となるわけです。

一方、ROASは「投資した広告費用の回収率(何倍になって返ってきているか)」のことで広告掲載料1円あたりの売上額を示します。

この数値が高いほど費用対効果が高くて効率的に広告が運用できているといえます。

ROAS=売上÷コスト×100(%)

という計算で導き出されます 。

例えば、売上が50万円で広告費用が10万円かかった場合のROASは「50万円÷10万円×100=500%」となります。

これは、広告掲載料1円あたり5円の売上ということになります。
この2つの指標(CPAとROAS)は広告運用においてしっかり把握しておく必要があります。

カテゴリ: プロモーション

おすすめの関連記事

本コンテンツは、ゼウスより発行しておりますメールマガジン「トントン通信」を元に作成しております。